お子さんの自信を育む関わり方  7つの秘訣その6

お子さんの 自信を育む 関わり方 

7つの秘訣 その6

みなさん、こんにちは!

3C子育てカウンセラーの倉橋優子です。

「3C」って何?

とよく聞かれるのですが、私のカウンセリングの合言葉です。

「チャンス」「チャレンジ」「チェンジ」の頭文字をとって「3C」!

よかったら覚えてくださいね。

今日は私がシリーズでお伝えしている

子どもの自信を育む

関わり方のポイントは?

今回はその6

私が、

先生をしていたころに勉強しながら「なるほど‼」と感じたこと。

自分の3人の子どもを育てている間、「そうだよね♡」と感じたこと。

カウンセラーになるためにを学んで「やっぱり👍」と感じたこと。

伝えますね。

効果抜群! 心が劇的に変化

小さな一歩を大切に!」

ということです。

小さな一歩が大切な理由は、

子どもにとっては、

目標の大小に関わらず、

目標をクリアしていくということが

重要だからです。

ちょっと潜在意識の話をします。

私たちには、顕在意識と潜在意識があって、

私たちが感じる顕在意識って意識全体の実は10%未満とも言われています。

それで、

その潜在意識の世界では、実は目標の大小って関係ないんです。

だから、

「プロ野球選手になる」っていう目標も、

「朝、7時までに起きる」っていう目標も

潜在意識では目標の大小はないので、

プロ野球選手の目標も、朝起きの目標も

「目標」という意味では同じで、

プロ野球の目標をクリアしてもクリア1

朝起きの目標をクリアしてもクリア1

となります。

どんな一歩でも、クリアはクリアとなります。

クリアすれば、自分も潜在意識もハッピーになっていきます

この潜在意識を活用すると、

叶いそうな目標をたくさん自分に立てて

クリアしていった数だけ、自分にとっては幸せが訪れてくるわけです。

ところが、

意外とこの「小さな一歩」の大切さって、大人もわかっていないんです。

ところが、わかっている人(これ会社の社長さんとかに多いのですが)は

この「一歩」を大切にして、毎日自分を褒めてあげているわけです。

しかも、

その5でお伝えした「母性愛」と「父性愛」を上手に使いながら、

自分を褒めて

ちょっと目標を立ててそれをクリアして…

というのを繰り返しています。

小さな一歩を大切にすることで

目標をクリアすることで

ハッピーな気持ちになる。

これで、

お子さんの自信を育むことが出来ます。

お母さんがお子さんに寄り添い、

お子さんの小さな一歩を大切にすること

お子さんの成長につながり

お子さんの良さが発揮され

未来を創ることにつながります。

改めて、

私のカウンセリングルームでは「小さな一歩」についてもお話することが出来ます。

興味がある方はお試しカウンセリングへいらしてください。

読んでいない方はこちらも是非ご覧ください。

その1「お母さんとお子さんは分ける

その2「結果よりプロセスが大切」

その3「お母さんの心の安定」

その4「お子さんのありのままを受け入れる」

その5「母性愛と父性愛のバランスを大切に!」

最終回その7は「感謝」についてです。お楽しみに!