お子さんの自信を育む関わり方  7つの秘訣その4

お子さんの 自信を育む 関わり方 

7つの秘訣 その4

みなさん、こんにちは!

3C子育てカウンセラーの倉橋優子です。

「3C」って何?

とよく聞かれるのですが、私のカウンセリングの合言葉です。

「チャンス」「チャレンジ」「チェンジ」の頭文字をとって「3C」!

よかったら覚えてくださいね。

今日は私がシリーズでお伝えしている

子どもの自信を育む

関わり方のポイントは?

今回はその4

私が、

先生をしていたころに勉強しながら「なるほど‼」と感じたこと。

自分の3人の子どもを育てている間、「そうだよね♡」と感じたこと。

カウンセラーになるためにを学んで「やっぱり👍」と感じたこと。

伝えますね。

効果抜群! 心が劇的に変化

「お子さんのありのままを受け入れる」

ということです。

「お子さんのありのままを受け入れる」理由は、

子育てで重要なことは、

自己肯定感を育むことだからです。

「ありのままを受け入れる」って、私もそうなんですが、お母さんの中でも自分ではわかっているつもりですし、出来ていると思っているんです。

でも、いざとなるとなかなかできなかったりしています。

よくある失敗がジャッジしてしまうことなんです。

「いい」とか「悪い」とか、「こっちにしなさい」「そんなことを思ってはダメですよ」

「いい」とか「悪い」というジャッジは必要ないんです。

ジャッジは、実はお子さんがちゃーんとできていたりします。

お母さんが望んでいることもわかっています。でも、「私は、こうしたいの、こう思っているの」

必死に訴えているんです。

お母さんがすることは、喜んでいるお子さんでも、怒っているお子さんでも、泣いているお子さんでも…

ちょっとお母さんの考えと反していても…

「あなたはあなた、そのままで十分素敵ですよ。」

「あー、あなたは今、こう思っているのね。」

「つらいんだね。」

これで、十分なんです。

私が最近、はまっている図でも示しましたが、

お子さんに寄り添い、ジャッジしないことで

お子さんはは安心し、幸せな未来を手に入れることが出来ます。

一方で、

お子さんを受け入れられずにジャッジしすぎると

お子さんの悩みもお母さんの悩みも続きます。

ただ、

不登校だったり、発達障がいだったりすると、ありのままを受け入れることに抵抗がある人もいると思うんです。

でも、こういうお子さんこそ、「ありのままを受け入れる」ことが重要です。

『みんな一緒』の中で苦しんでいます。

でも、

「私は、今こう感じている」

「こんなことを苦しんでいる」

「こんな目標を持っています」

子どもは、一生懸命、自分の今を訴えています。

だからこそ、「ありのままを受け入れる」ことが大切です。

お子さんのありのままを受け入れ

自己肯定感を育んでいくこと

これで、

お子さんの自信を育むことが出来ます。

お母さんがお子さんに寄り添い、

お子さんの心を大切にすることが

お子さんの安心感につながり

お子さんの良さが発揮され

未来を創ることにつながります。

改めて、

私のカウンセリングルームでは「お子さんの寄り添い方」についてもお話することが出来ます。

興味がある方はお試しカウンセリングへいらしてください。

読んでいない方はこちらも是非ご覧ください。

その1「お母さんとお子さんは分ける

その2「結果よりプロセスが大切」

その3「お母さんの心の安定」

次回のその5は「母性愛と父性愛」についてです。お楽しみに!